塾長の部屋

亀田 利一郎(かめだ りいちろう)

大手進学塾27年の指導経験を持つ超ベテラン講師。中学入試から高校入試、大学入試まで幅広い指導経験を持ち、子供たちを唸らせる「感動授業」、ゲーム感覚で子供たちを引き込む楽しい授業には定評がある。過去数々の子供たちを難関校をはじめたくさんの学校に輩出。卒業してからの信奉者も多い。また塾講師だけでなく個別指導の経験も豊富。専門は中学入試算数、高校大学入試数学。家庭教師ジェイスタディ代表。

過去の進学実績(中学入試)東大寺、西大和、大阪星光、清風南海、四天王寺、大阪桐蔭ほか

            (高校入試)大阪星光、東大寺、西大和、高津、奈良、畝傍、郡山、四天王寺ほか

           (大学入試)神戸大学農学部、愛媛大学医学部、関関同立、摂南大学薬学部ほか

塾長の部屋

自学自習できる子は伸びる

2014年11月04日 12:02
長年いろんな生徒を見てきましたが、どんな生徒が伸びますか?と聞かれたら最近では「自学自習できる子」と答えています。学校や塾で勉強したことをいかに自分のものにするか、それを実現できるのが自分で勉強している時間ではないでしょうか?教えてもらったことはやはり完璧に頭に入っていることは少なく、それらをいかに「わかる」から「できる」にするかが自習時間です。能動的な頭で宿題などをきっちり励行してほしいところです。塾に来る生徒たちにも宿題を忘れたときは厳しく接するようにしています。時には残って宿題をやってもらいます。また、先生に教えられているときはあくまで指導者のペースで学習が進んでいますが、自習時間は唯一

教えてもらったことは忘れやすいが、自分が苦しんで得たことは忘れない。

2014年04月18日 10:22
勉強するときに大切なのは、机に向かっている時の本人の姿勢、気持ちです。 教えてもらっているという受け身の体勢が強すぎるとあまり学習している内容は自分に入ってこないでしょう。 すぐに忘れてしまいます。 前向きに学習できて、「ああ、そうなんだ。なるほど!」って感じである種の感動や好奇心を持てる人、 新しい知識を自分なりに吸収できる人は学習したことをあまり忘れないでしょうね。 難しい問題、わからない問題にぶつかった時は大変ですが、 一生懸命考えて考え抜いて、質問して自問してを繰り返しやっとわかった時のストンと理解できた時の感動はいいものですよ。 これからも生徒皆さんの前向きに頑張る姿を応援していきま